四日市市内の空き家問題に取り組む『空き家相談ネット』です。空き家の管理、有効利用、解体、空き家回避の解決策をご提供します。

株式会社BIZサポート
空き家問題に関する8つの解決策 > 空き家の賃貸
空き家を貸家として賃貸することも有効な手段です

家族構成の変化による引っ越しや転勤等で「空き家」になる場合は、貸家として賃貸することも有効な手段の1つとなります。貸家としては下記のような形態が考えられます。

  • ファミリー層の住み替えのための貸家
  • 地域の学童保育所としての貸家(国及び地方公共団体の助成制度あり)
  • 地域のコミュニイティセンターの場としての貸家(地方公共団体の助成制度あり)
  • ケア付き賃貸住宅としての貸家
  • DIY型賃貸(入居者自身がリフォームによる修繕)による貸家
  • 地域の居宅型でデイサービスのための貸家
  • 学習塾としての貸家etc
空き家を活用し地域として不足する機能(福祉機能・子育て支援機能等)を展開していくことにより安心して住み続けられる環境を形成していくことが効果的です。
賃貸すると返還を求めることが困難であると考えている人には定期借家契約()を活用することで問題はクリアできます。
●「空き家」を貸家にしてその賃貸収入で住み替えを行う

家族構成の変化により、高齢者の住宅を「貸家」にして、ファミリー層に提供し、その賃料収入で高齢者は中心地の賃貸マンション等への住み替えを図ります。

●「空き家」を貸家にするためのコンサルティングが必要

「空き家」の状態や地域によって適正な賃貸形態が何かを分析し、貸先を決定することが重要です。

※定期借家契約
契約で定めた期間が満了することにより、更新されることなく、確定的に賃貸借が終了する建物賃貸借

空き家問題に関する8つの解決策